債務整理のデメリットとメリットについて

p317

債務整理のデメリットとメリットというのは実際にはどのようなものなのか?事前にしっかりと理解しておくことで安心できると思います。債務整理はメリットよりもデメリットが多い、なんてネットでの情報も目にしたりしますが、それは誤った情報が多いように思います。個々人の状況によって全く違うわけですが、債務整理のメリットよりもデメリットが多ければ、こんなに沢山の人が債務整理をしていないわけですから。近年は債務整理を行う人が本当に増えているようです。債務整理のデメリットが少ないと判断して債務整理に踏み切ったということなのでしょう。

借金を繰り返してしまって任意整理を行わなければならなくなった場合、その後、また借り入れをしようとしたり、クレジットカードを作りたいと考えても、情報が信用機関に残るため、審査を通過せず、しばらくはそういった行為をできないということになるのです。借金をすることがクセになってしまっている方には、とても厳しい生活となるでしょう。自己破産は特に資産がない人だと、簡単な手続きで、終えられますが、弁護士の力を借りないと手続きを自力でするのはかなり困難です。自己破産にかかるお金は総額約20~80万円と高額ですが、この費用は借金でまかなえませんので、きちんと手元に持った上で相談したほうが良いとも言われています。私は個人再生によって助けていただいたことで月々にかかる住宅ローンの支払いが相当楽になりました。これまでは、毎回支払うのが辛かったのですが、個人再生で助けられたことで返済にかかる金額が非常に少なくなり、生活にゆとりが生まれました。積極的に弁護士に相談して良かったと嬉しく思います。お金なんて返済しないでおいたらって友人に吹き込まれたけれど、それはよくないと思って債務整理を決意しました。債務整理を実行すれば借金の額は小さくなりますし、何とか返済していけるという結論に至ったからです。お蔭で毎日生活していくのが楽しくなりました。

自己破産をする際、人生をやり直すためのわずかな必要経費以外は、全て自分のものでなくなります。自宅とか土地と言った資産の他に、ローンを返しきれてない車も手放さなくてはなりません。ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が納得すればローンを返済と並行して所有も許されるようになります。債務整理を悪い弁護士にしてもらうと良くない結果を招いてしまうので注意が入り用となります。ネットの口コミを確認するなどして健全な考えの弁護士に依頼しなければ法外な手数料を巻き上げられてしまったりするので注意を怠らない方がいいでしょう。細心の注意を払う必要がありますね。

個人再生の手続き方法ですが、これは弁護士に任せるのが一番手早いでしょう。弁護士に任せることで、ほとんど全ての手続きを担当してくれます。その過程で裁判所に行ったり、債権者とのやり取りをすることもありますが、大変なことは全て弁護士にお願いできます。借金がかさむことにより、もう自分の力での返済は難しい場合に、債務整理を実施します。借金でもうどうにもならなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所に行きましょう。すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官で話し合いを持ちます。月にいくらなら返済可能かなどを検討し、その後、毎月いくら返済するかが決まるのです。

債務整理は専業で主婦をしている方でも選べます。言わずもがな、誰にも内緒で措置をうけることもできると思いますが、大掛かりになってしまうなら家族に相談してみてはいかがでしょうか。専業主婦でも支払いの目途が立たなければ、弁護士に相談してどうにかすることができます。債務整理を行うと、結婚をする際に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理をしないで、多額の借金があるほうがオオゴトです。債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てる場合、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。7年以上の間あけるとローン可能になります。

事前に債務整理のデメリットとメリットを把握できるために、引き続き情報を提供していきたいと考えています。債務整理には情報収集が必要になりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【リンク集】
http://www.itrane-university.net/
http://www.notyourmotherspodcast.com/
http://www.khousedesign.com/

サブコンテンツ

このページの先頭へ